アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

チームビルディング備忘録

以前、同じチームの女性とうまく行かず、悩んだことがありました。
 
未だにどうすれば良かったのか答えは見えていません。
 
ただ、不思議だったのは、チームが解体し、別チームになると、関係は改善されました。
 
多分、なのですが、女性特有のものだった可能性もある気がします。
(それだけが原因ではないと思いますが、それも確実に絡んでいたと思う)
 
多分、女性は同じレイヤー同士で仲良くなる傾向が強いと思います。
 
そこに上下関係が発生すると仲が悪くなる傾向があるのかなと。。
 
私自身、弱みを見せたらダメだという思いが強く出てしまい、上から目線になってしまっていることが多かった。
 
自分自身も出来てないこと多いのにね。
 
そもそも自分は周りを見るのが非常に苦手。
 
誰かが困っていても気付いてあげられないことが多いです。
 
そんな自分、もちろん嫌だけど、どうしてもこれは直そうと頑張ったけどなかなか苦手分野な為直らない。
 
人に何か教えてあげられるほど知識がある訳でもない。
 
失敗するべくして失敗したんだとしばらく経った今なら冷静に考えられる。

一人一人の不満や不安を解消してあげることが出来なかった。
 
人によってはスケジュールをしっかりして欲しい、とか、
手伝って欲しい、とか、
フォローして欲しい、とか、
自分のデザインを認めて欲しい、とか
 
口には出さないけど内なる欲求みたいなものがある。
 
そこにどれだけリーチ出来たか、が信頼されるポイントなんだと思う。
 
逆に、全くダメだったかと言われるとそうでもなくて、
 
私を信頼してくれていた人もいた。
 
そういう人は、私が無意識のうちにその人の内なる欲求を満たしていたっぽい。
 
(その人のデザインが好きで、無意識だったけど、その人に全面的に任せていてそれが功を奏していたりとか)
 
じゃあ次はどうするか?
 
無意識のうちに出来ていたことは今後もきっと出来るだろうからそのまま放置。
 
課題は、
 
・チームメンバー全員を把握は出来ない。各役割毎にリーダーを任命する。
(最大でも4人のうち1人がリーダーになるくらいの単位)
そして毎日終礼時に各リーダーから1日の報告を貰う。そうすれば、各リーダーが見る範囲は少なくて済むし、全体も見渡せる。
 
・スケジュールの調整
(遅延させない、全てにマイルストーンを置く、マイルストーンごとに準備が進んでいるかチェック&ヒアリングし対策を打つ)
これは各役割リーダーと一緒に行う。
 
・各役割ごとのリーダーは、その役割のリーダーの最後の砦として、全てクオリティ&進捗のチェックをする。時にはフォローに入る。
 
・各役割リーダーと一緒に決めたことは他のメンバーにも共有を各リーダーが行う。
 
こんな感じでやってみたら、少しは前より上手く出来る気がする。
 
トライアンドエラーでやってみようと思います。