アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

ゆっくり

失恋しました。
振られました。

そろそろ振られるのも慣れて来たせいか、自分でもびっくりするくらい早く現実を受け入れることが出来ました。

なんだかんだで結婚とか真剣に考えたことない(結婚願望あまりない)タイプでしたが、
27でこうして別れると今までとは違う、何か焦りのようなものを感じますね。

ちょっと自分の今後を整理してみました⬇

------

◆80歳まで生きるとしたら、70代でどんな状況になっていればよいか?
と考えたら、仕事も家庭も充実していたいです。

父方の祖父母が結構理想の家族像。
家に人を招待したり、色々なことに夫婦で挑戦する家が良いなって思う。
80歳の時には素敵な旦那さんと暮らし、子ども3人と可愛い孫が4人いる。 
自分の長男には17歳と14歳の子。次男に10歳、7歳の子どもがいる。  

◆60代では?
夫婦二人でお互い仕事を大成させていたい。

◆50代は?
子供と一緒に笑いの絶えない家が良い。
やっぱり自分は、お父さんのこともあったからか、”幸せな家庭”に飢えているところがあると思う。
お互いに応援し合う家が理想。

自分も、旦那さんも、子供も、親戚も全員、やりたいことをまっすぐにやって大成するような家が良い。
お互いに悩みとかアドバイスしあって、結果を皆で残す、みたいな家が理想。

---------

だいたい、63歳で初孫、、と考えると、31歳の時に長男を生んでいなければいけない計算になります。。
そうなると、28歳までには良い人を見つけ、29歳で結婚し、30歳までに妊娠、31歳までに子供を出産してないといけないって考えると全然時間がないなあ。

焦っているのかな、自分・・・。
結婚とか真剣に考えたこと正直なかった。
でも、好きな人と一緒にいて、一緒に夢に向かって頑張りたいっていう気持ちは凄くある。
そういう人は絶対に欲しいって思う。。

「幸せな家族」っていうものに無性に憧れがある。
きっと複雑な家で育ってしまったからだと思う。

ただ、男の人が怖いとかそういうのもあってどこかで結婚というものを考えてこなかった。
だけど、多分、今自分が悲しくなっている理由は、幸せな家族というものを築きたいからなんだと思う。

結婚なんてバカらしい、スイーツが考えるもの、とか思っていたけど、
自分は結婚したいんだと思う。
結婚したいというか、好きな人とずっと一緒にいたい。
一緒にいる手段として結婚したい。

◆理想の結婚相手
・2016年11月~2017年10月までの間に結婚したいと思っている人
・他の人に目移りしない
・ちゃんと言ってくれて正当な理由があれば他の女の子と遊ぶのはOK
・ただし、そこで絶対に渚への気持ちが冷めないことが条件
・一緒にバカップルしてくれる
・渚の趣味を分かってくれる人
・渚が1番だと思ってくれている人
・仮に過去に浮気経験があったとしても、渚が1番で最後の人にしたいと思ってくれる人
・ちゃんと謝れる人
・目標に向かって努力できる人
・お互いに切磋琢磨できる関係
・自分を一人の人として大事にしてくれる人
・渚しかいない!と思ってくれる人
・誠意のある人
・仕事や目標に夢中になれる人
・挑戦心がない人はダメ
・お金貸してと言わない
・何だかんだで渚の言うことを聞いてくれる人
・だらしない人はダメ
・グチを聞いてくれる
・一緒にいて居心地が良い
・かっこわるくてだらしない一面のある自分を受け入れてくれる人
・自分を舐めている人はダメ
・自分を下に見て、道具のように思っている人はダメ
・自分と同じかそれ以上の学歴のある人
・価値観の合う人(教育熱心な親を持つ)
・家柄は、別に良くなくても良いが、それなりにきちんとしている家に育った人
・仕事に対して適当な姿勢の人はダメ
・お金で苦労をさせない人
・裕福な暮らしをさせてくれる人
・家族、親戚みんなで仲良くしていける人
・夫婦で世界的に成功したい
・頭のいい人
・甘えたり、甘えられたりの関係が自然にできる人
・自分の夢実現に関して真剣に話を聞き、会話してくれる人
・ちょっと可愛いところがある人
・挑戦心のない人はダメ
・親がスナック経営者やヤクザなど、きちんとしていない人はダメ
・自分の親や親族と同じような価値観を持つ親や親族を持つ人が良い(そのような価値観の元で育つ子は同じような価値観を持つから)
・自分の仕事にマイナスを生じさせるような人は絶対×

悔しいし、今は寂しいけど・・・。
ちょっと休んだらゆっくり、少しずつ。