アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

鑑賞記録 「ONE PIECE」

久しぶりにONE PIECEのアニメを中学生ぶりに見てたのですが・・・。

ワクワク感が凄いですね。
何か「絶対楽しませてくれるだろう」という安心感(?)もある。

むかーし、尾田栄一郎の画集の最後に鳥山明との対談か何かが載っていて、
「常に小さい時の自分が読んでいて喜んでくれるかどうか?」を考えて毎週描いているらしい。

このスタンスを10年以上持ち続けるって並大抵のことじゃないなって改めて思った。

私も尾田栄一郎のような人に憧れて、エンターテイメントを作る側になったけど、
こういうスタンスを持ち続けられているか?と考えると否、です。

そんな自分が情けない・・・むっ


ということで尾田っちの数々の伝説(?)の中で、
自分も取り入れられそうなものを実践してみることにします!

①毎週何か一つは読者をビックリさせるものを入れようと思っている
(➡毎週何か一つ企画を作って提案する)

②キャラクターが泣くシーンは、自分自身が泣けないと涙を流させない。
(➡自分自身が納得出来ない企画は最後まで練る)

③SBSは100%、読者のはがきを尾田が読んで、尾田が選んで、尾田が書いている
「脇役海賊団の隊長の名前を教えて」という質問に対して、本編に出てこない16名の隊長を紹介するなど、オマケだからと手を抜かない
(➡ユーザーの意見に耳を傾ける)

④何をすればお客さんが喜ぶか分かっていて、そこに対してギリギリまで妥協しない
(➡最後の最後まで「これは世の中に出して良いかどうか」を考える)

こんな感じでやっていこうと思います音譜