アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

転職面接必勝法

タイトルの通り書いてみます。

※といっても私のいるIT系、ゲーム系の参考に留めてください。

※タイトル偉そうに書いてますが実際転職はしませんでしたw

※一応結果を書いておくと、内定一社(それなりに大手)、その他面接もほぼ落ちることなしでした。

 

職務経歴書作り

ここは結構力入れておきましょう。

この時点で伝えたいことをやっていることをがんばっていることを全部書き出しておきましょう。

文体は後で言いたいことを削ったりしてスッキリさせておけば良くて、職務経歴書で削った部分に関しては面接で伝える、と言う風にしておけばいいと思います。

この時点で自分が今までやってきたこと、次のステップへ向けてがんばっていることなど全て書き出しておいてください。

実際の面接

私はアドリブだったり会話をもらうということが非常に苦手なタイプです。

そういう人は、上記の職務経歴書を書いたときの準備がここで非常に活きます。

会話が苦手な人は、面接の前に言いたいことや次のステップへ向けてがんばっていることや、もしこういうことを聞かれたらどう答えるかの準備は考えられうる限り全てやっておいてください。大体これで突破できます。

ここまでやってもしダメだったら、相手と自分の何らかのミスマッチが発生してます。

単なるミスマッチだったらそれは仕方ないのですが、準備不足によって伝えきれなかったことが原因だった場合は反省すべき材料になります。

最後に1番言いたいこと

面接官との会話を通して1番重要視されていたポイントは「この人は今後どういう成長していくんだろう?」という部分だったかなと肌で感じます。

誰でも普通に社会人をやっていれば頑張ったことっていうのは存在するので、今まで頑張ってきたことをアピールすることは必要最低条件です。

しかし、そこからさらに上乗せするとしたら「今後どういう自分になりたいのかを見据えた上でプラスアルファで何を頑張ってるのか」という事です。

私は次を見据えた上でマーケティングを勉強したりなどをアピールしていました。

おそらくそういった勉強熱心(自分で言うな)なところを結構評価してくれた気がしています。

 

なんだかんだ面接というのは今までの積み重ねが現れる場所です。

 

昔ブログで転職した際にもエントリを書きましたが、その時にも似たようなことを書いていました。

 

やはり普段から何を考えどう行動しているかどう頑張っているかが大事だなと改めて思います。

 

(何か自画自賛みたいになってしまった)