アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

昨今のアニメ事情を知りたい人へちょっとした小話

f:id:nagiunagi:20180610083506j:plain

業界にいたら「そんなこと知ってるw」という話でしょうが、ちょっと今日は「昨今のアニメ事情を知りたい人へちょっとした小話」なるものを書いてみようかなと思います。

「アニメ?アニメって子供が観るものでしょう?」→その考えはもう古いです。

私自身がどっぷり浸っているからか特にここ数年肌で感じますが、企業側は「いい歳の大人」を明確にターゲット顧客として設定しているのをひしひしと感じます。

例えばこちら。プレミアムバンダイ。

p-bandai.jp

セーラームーン等が有名ですが、明らかにここ数年、「子供の頃に大好きだったアニメコンテンツを使った大人向けのグッズ展開」市場が勢いを増しているのを肌で感じます。

グッズは名刺入れ、化粧品だったり明らかに大人を意識しています。

数年前、GUがセーラームーンをあしらったブラジャーなどの下着を発売していましたが、明らかに子供向けではありませんよね

昔流行ったアニメのリメイク多くない?

つい最近だと「ママレード・ボーイ」の実写映画化、数年前ですと「地獄先生ぬ〜べ〜」の実写ドラマ化がありました。

今の子供、絶対「ママレード・ボーイ」も「地獄先生ぬ〜べ〜」も知りませんよね?w

「昔好きだった!!」という顧客を取り込みつつ、サブターゲットとして「新規ファンも獲得できたらいいな」という考えが透けて見えますw

バイオレンスな仮面ライダー

仮面ライダーアマゾンズをご存知でしょうか。

仮面ライダーといえば特撮!!The・小さな男の子向け!後楽園で僕と握手!(古い)

しかし、この仮面ライダーアマゾンズ。

未だかつて「本作品には、一部バイオレンス・シーンが含まれております。未成年の方のご鑑賞に当たりましては、保護者の方の適切な配慮をお願い致します」というテロップのある仮面ライダーはあったでしょうか?

もはや大人向け以外の何物でもないですよねw

なんで大人の財布が時間差で狙われているのか?

私自身が明確にターゲット顧客に入ってしまっているからわかりますが、

「セーラームーン懐かしい!!えっ、昔持ってたおもちゃと同じ型の化粧品バージョンが発売される!?どうしよう、懐かしいし可愛いし欲しい!!今独身だし私経済力もあるから買っちゃう!!!!!

そうなんです。無垢な子供を卒業し、いい大人になった私達。ちゃんと働いていてお金も持ってる自立した大人。お金をどう使おうと自由。

そこにつけこむ(笑)企業たち。

だってね、子供の頃大好きだったものって大人になっても大好きですよ。やっぱり

アニメ業界も変わってきている

むしろ、今の小さい子ってアニメ観るんですかね?観てるんでしょうけど、多分黄金世代は今の20代から30代あたりではないでしょうか。

良いか悪いかは別として、私個人としては「アニメは大人の娯楽」になっていくのではないかなと考えています。