アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

結婚はハーバード大学に入るより難しい

f:id:nagiunagi:20180610090918j:plain

週末にまとめてブログを更新するスタイルですw

先程アップした記事とは打って変わって全く違う話題を。

このエントリは、「ばりばり働いている女性かつ恋愛に悩みがある未婚女性」に読んで欲しいなって思います。

私の心の叫びはこちら。

なんかさ、結婚、ハーバード大学入るより難しく感じるの私だけ?

※「ハーバード大学」のところを「東大」にしようかと思いましたが、東大卒の女友達も同じ悩みを抱えていたこともあり、あえて世界一の大学にしてみましたw

なんかね、人によって結婚に至るまでの難易度にばらつきありすぎると感じるんですよ。

「学生時代の彼とそのままゴールインしました」という超幸せパターンの人もいれば、私のように「30歳。まじでやばい。どうやったら結婚できるのか全くイメージつかない。付き合っている人といつもうまくいかない」という人もいます。

努力が反映されない世界

恋愛ほど努力が反映されない世界を私は他に知りません。

どんなにたくさんの人と出会ったって、自分と合う人と出会える確率かなり低くないですか?

さらに付き合ったとしてもそこから長続きするかも相性次第。

もちろん、ある程度努力しても良いと思うし、それでより良い関係になれるのであれば良いと思うけど、人の気持ちはこうも移ろいやすいものなのかとも思います。

仕事/恋愛 どちらに重きを置いたとしても発生するリスク

「結婚できないかもなぁ。一生独身かも。じゃあ1人でも生きていけるように仕事を頑張ろう」と思った時。

仕事にかける時間、スキルアップするためのお金が仕事に流れることになります。

そうすると、ますます恋愛から遠のくんですよね。

リスクヘッジのための行為がそのまま自殺行為に繋がるわけです。

一方、「仕事はセーブして恋愛を頑張ろう」と思った時。

恋愛に時間やお金を割く分、仕事で昇進するチャンスを逃しやすくなります。(現状維持はできると思うけど)

その場合、割合的に彼(または未来の彼/旦那)への依存度が高まります

そして問題なのが、この彼(または未来の彼/旦那)との関係性がどこまで続くのか(続けられるのか)が全くもって不確実極まりないということです。

そんな不確実なものにどこまで依存度を高めて良いのか、少なくとも私には判断できないんですよね。

結局どっちつかず

結婚の難易度が高すぎて途方に暮れている、というのが私の正直な感想で、私自身もまだ答えは出ていないです。

だから、このエントリで明確な結論を書くことはできないけど、少なくとも同じような悩みを持っている人がいると思うので、励まし合っていきたいなと考えています。