アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

【グロービス】ファシリテーション振り返り

f:id:nagiunagi:20180610184143p:plain

ここにグロービスのファシリテーションを受講した時の振り返りアサインメントを晒しますw

検討している方の参考になれば…!

※ちなみにこの文章を書いたのは1年以上前です。
改めて読んでみると、今ではごく当たり前にできていたことが昔はできていなかったんだなぁと思った。

受講前 

自分では最適解だと思うのに、メンバーにはそれが最適解だと思ってもらえず、衝突してしまうことがままあり、悩んでいました。

受講後

ファシリの講義を通じて、議論の枠組みをこちらで用意してその中身に入れるべき意見を引き出すということを学びました。

このことを通じて感じたこととしては、自分が今までいかに「自分のことしか喋っていなかったか」ということです。ロールプレイを通じて、意見を引き出してより最適な解を導き出していくということを体感することができ、大いに勉強になりました。

▼到達点の設定

今までの自分は、自分自身で出した結論(クリシン)をただメンバーに伝えているだけでした。そのため強引さを周りに与えてしまっていました。

ここで私に欠けていたことは、「適切な到達点を設定する」ということです。

最終的に決めたいこと(ゴール)は持ちながらも、そのゴールに至るまでにはいくつもの合意形成が必要であり、その合意形成を一つ一つ到達点として設定することで、丁寧な合意形成をすることができることがわかりました。

▼意見と論点、さばき

今までは、メンバーの意見に振り回されてしまって議論が迷走してしまったり、嫌な空気が漂って終わってしまうことが多かったのですが、事前に想定される論点に対して優先順位をつけることで、話すべきではないことや後回しにしても良いことを見極められるようになりました。

その際に、相手の気分を害さないワーディングの大切さも学びました。

▼ホワイトボードの活用

ホワイトボードを活用することで論点や意見を整理しながら議論を進められることを学びました。

しかし、私の場合はホワイトボードを使用する機会があまりない(手書きよりもPCの文化)ため、スプレッドシートをホワイトボード代わりにするのが良いと感じました。

スプレッドシートで事前に到達点や論点の箱を作成しておき、それをモニターに映しながら、メンバーの意見をPCで打ち込んでいくのが私にとってはベストだと感じています。