アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

マニアックなレトロゲーム紹介①「ダブルキャスト」

今回から、私が学生時代に好きだったマニアックなレトロゲームを紹介していきます。この機会に隠れた名作をプレイしてみるのはいかがでしょうか。

第1回目はこちら。「ダブルキャスト」です。 

ダブルキャスト

ダブルキャスト

 

1998年の発売当時、フルアニメーションのゲームはなかったため、当時の最先端のようなゲームがこの「ダブルキャスト」でした。もちろん、アニメーションを使ったゲームはありましたが、オープニングテーマやエンディングテーマ、大事なシーンのみアニメーションを使うということが主流だったのに対し、こちらの「ダブルキャスト」は本当に全てがフルアニメーションです。しかも、選んだ選択肢によって結末が変わるため、エンディングが約30個あります。それら全てがフルアニメーションで描かれています。さらにアニメーション制作があのプロダクションI.Gです。採算は取れたのか気になるところです。

(注意:ここから先はネタバレを含みます。読みたい人だけ読んでください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ダブルキャスト」の魅力はフルアニメーションであることだけではありません。タイトルが「ダブルキャスト」になっている通り、大学の演劇部での物語になっていますが、物語を進めていくうちにこのタイトルには別の意味も含まれていることに気付かされます。それはヒロインである美月が二重人格者であり、「志穂」という別の人格に時々入れ替わって物語が進む点です。導入部では「演劇部に所属している大学生たちの青春ストーリー」を前面に押し出していますが、選択肢を間違うとヒロインが「志穂」という殺人鬼の人格に入れ替わり、当初の青春ものはどこへやら…というくらいのサスペンスストーリーに変わります。もちろん、選択肢を間違わなければ、困難を乗り越えてきちんと青春ストーリーとして物語は収束を迎えます。

 

この意図的なミスリーディングの仕方は、近年だとアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」に似ているかもしれません。こちらも、最初は可愛らしい魔法少女アニメと見せかけておいて、途中から重厚なストーリーに切り替わりました。どちらも良い意味でユーザーや視聴者を裏切る例です。

 

この記事を書く上で、たまたま以下のサイトを発見しました。なんと今年で発売20周年だったようです。近年はスマホゲームが主流になってきて、今回ご紹介したようなアドベンチャーゲームは日陰の存在になりましたが、こういうゲームもスマホゲームで出たら良いのになぁと思います。

www.inside-games.jp