アラサー独女がキャリアとか恋愛とか全部ひっくるめてやりたいことをやり尽くす日々を記録してみる。

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月」感想

久しぶりの投稿になってしまいました。最近ブログの方向性を見失っておりますw

だいぶ雑多になってきたので新しく特化ブログを立ち上げようか考え中。

 

さて、今日は珍しく早起きして時間を持て余しているので、はあちゅうさんの本の感想を書きます! 

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月

 

創作物だけど、はあちゅうさんらしい本でした。

自分の人生を楽しむために、時にはお金を使っての息抜きもこれからはしてみよう。  そういえばお金を貯めている明確な理由だってない。働いている時の無力感の原因の一部はこれかもしれない。お金を稼ぐために働いているのに、使うことを自分で禁止しているなんて。入り口はあるのに、出口がなくて、欲求が体の中で 滞留 していたのかもしれない。  そりゃ、働く意欲も湧かないだろう。  今まで、浪費は悪だと考えていたけれど、使わなすぎるのもまた、人間をつまらなくしてしまうのではないだろうか。  これからは「いくらかかるか」ではなく「自分はどうしたいか」 を考えるクセをつけよう。

こんな感じで、はあちゅうさんの他の本でもよく言われているような内容をオリジナルストーリーにした感じでした。

ちょっとモヤモヤした時にふと読むと元気が出るような本でした。

仕事がうまくいかない時には落ち込むし、ちょっとしたことでへこむ日もある。だけど、悲しい気持ちをひきずって、とことん自分を追いつめる前に、へこむ原因や、この先どうしたいかという未来への思考を確実に持てるようになった。 完璧じゃない自分を、責めない のだ。  そして、気持ちのアップダウンがあることも含めて、これが自分だと思えるようになった。自分の不幸を誰かのせいにせずに、「自分でこの状況をどう変えるか」という問いを立てることができるようになったおかげで、決断も早くなったように思う。  

最近仕事であと一歩なのにうまくできず自分に苛々しています。もう限界かな〜wとか思ってる時にこういう一節を読むと少し勇気が出ますね。